ウォーターサーバー VS ペットボトル

pet01

編集部では毎日4メーカーのウォーターサーバーを使って比較研究をしていますが、「水」を飲む方法として他にも選択肢はあります。

ウォーターサーバーとペットボトル、実際どっちが良いの・・・?それぞれの良さはあるけれど、本当に便利でお得なのはどっち・・・?

ということで、ウォーターサーバーVSペットボトルについて掘り下げてみたいと思います。

 

 

1.ペットボトルの特徴

petbotle02

ペットボトル水。

まず購入のしやすさや手軽さが挙げられます。自販機でもコンビニでも、どこでも買えます。

「持ち運びができる」というのは、言わずもがな、ペットボトルの特権。

また、安値のペットボトルであれば、ウォーターサーバーよりも安く購入することができたりもします。
安いものであれば500mlが30〜50円ほど。
コスモウォーター(富士の響き)は500mlで約80円となります。

もちろん、お水自体の質に違いがあるので、「値段が安いから良い」はイコールではありません。
質の良いお水のペットボトルであれば、ウォーターサーバーと同等かそれ以上の値段をしている場合もあります。

ペットボトルで得に女性やお母さんが嫌がるのは・・・ゴミが増えること。潰せばそれなりに小さくなりますが、分別するのかしないのか、まだ少し残っているのにもう捨てるのか!とか、ラベルを剥がすとか剥がさないとか、こんなところに飲みっぱなしとか・・誰もが経験ありますよね。笑

購入方法は多種多様。コンビニや自販機でも買えますし、ネットで箱買いすることもできます。今や私たちの社会にペットボトル水がなくなってしまったら、想像以上に不便かもしれません。

 

2.ウォーターサーバーの特徴

sever01

ではウォーターサーバーにはどんな利点があるのかと言えば…
ペットボトルにはない決定打は、ほとんどのウォーターサーバーについている「冷水」「温水」の機能です。
冷蔵庫に入れて冷やす、お湯を沸かす…などの時間が必要がなく常に冷水・温水が使えるので、忙しい時でもすぐに使えます。
飲みたいときに飲みたい量だけ、冷たい水がすぐに飲める。コーヒーや紅茶、インスタントラーメンがすぐに作れるというのは…ウォーターサーバーのアイデンティティといっても過言ではないような気がします。

そのちょっとした1分・2分・3分・・・が、とても便利なものです。

またコスモウォーターのようにクリーンエアシステムやクリーンサイクルシステムなど、自動で内部の水を綺麗にしてくれる機能が充実してるウォーターサーバーがあるのも特徴です。

petbotle03

ペットボトルの場合、コップに入れて水を飲んでいたとしても、蓋を開けてしまった瞬間から雑菌が少なからず入り込んでしまう可能性がありますよね。
外気に触れないようにしたり、水自体を循環させて綺麗にする、というのはウォーターサーバーならではなので、安全面・衛生面は非常に優れているということがわかります。

先ほどペットボトルの方が安い場合ある、という話を出しましたが、時間短縮・安全性・お水の品質という様々な点でのメリットを考慮したら、価値の方が大きいと思います。

一度注文してしまえば後は何もせずとも水を届けてくれるのもメリット。
ボトルのゴミも、使い捨てのワンウェイボトルであればゴミ処理は非常に楽。水の総量に対するゴミの比率も圧倒的に少ないです。

ただし、ストックのウォーターボトルを置くスペースが多少必要になってきます。

 

 

3.特徴を理解する

双方の特徴をまとめてみると…

◎ペットボトル
・持ち運びやすい
・手軽
・どこでも購入ができる
・安い(一部のお水)


◎ウォーターサーバー
・一つのボトルで冷水・温水がすぐに使える
・時間短縮
・コップでお水が飲める
・欲しい量だけ水を汲むことができる
・安全面・衛生面で優れている
・一回の申し込みで、継続的に水を配達してくれる

 

それぞれの良さがあるのですが、ペットボトルは「単純な手軽さ」

ウォーターサーバーは、「より上質な生活」にしてくれるアイテムのような気がします。

pet02

2つを使い分けるのも良いですね。

家や会社ではウォーターサーバーを使い、外へ出るときはウォーターサーバーの水をペットボトルに入れて持ち運ぶといった感じに、質の良い水を持ち運ぶこともできます。

 

4.手放せないウォーターサーバー

ウォーターサーバーの設置を迷っている方、「ウォーターサーバー VS ペットボトル」は参考になりましたでしょうか。

極論、好みです。

それぞれの良さが確実に存在します。

しかし、改めて考えてみて気づいたのが、編集部としてはウォーターサーバーが1台ある生活を続けると、ない生活がもう考えられません・・・

いちいちペットボトルのゴミを始末する面倒からも、コンビニに水買いに行こうか・・と重い腰をあげるようなことも、少量の為にお湯を湧かすあの地味な時間、こういった少々だけど日々の面倒から随分解放されたように思います。

生活にウォーターサーバーが馴染んでしまうと、そこに「在る」というのが日常である、ワンランク上質な生活を、手に入れる事ができるようです。

 

ウォーターサーバーの記事はこちらから

コスモウォーター

クリティア

サントリー

フレシャス

 

 

〈ウォーターサーバー徹底解析担当 編集部:久保〉