ウォーターサーバー申し込み時の注意点

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

ウォーターサーバーの比較をする際、各社のサイトより申し込みを行ったのですが、
今でこそ様々な比較をしてウォーターサーバーの知識が身についていますが…その頃は右も左もわからない状態で、申し込み時に迷うポイントがいくつかありました。
今回は申し込み時に注意するポイントを、ご紹介したいと思います。

 

 

1.ウォーターサーバーのタイプ

122629

ウォーターサーバーには、機種にもよりますが「床置き」と「卓上」タイプが存在しています。
ロングタイプ、ショートタイプという呼ばれ方もしたりします。

・床置きタイプ(ロングタイプ)
直接地べたに置くタイプのもので、安定感があります。
場所を取ってしまいますが、機能性に充実しており、「便利な機能」がついている機種が多いのも特徴です。

・卓上タイプ(ショートタイプ)
その名のとおり、机の上などに置くことが出来るので場所を取らないコンパクトタイプ。サーバーが小さい分、床置きタイプに比べて機能が少なく、「冷水・温水を出す」という基本的な機能のみだったりします。

 

どちらも一長一短ではありますが、お部屋に合わせてどこに置くかを決めてから、選ぶのが良いでしょう。

 

 

2.ウォーターボトルのタイプ

IMG_1036

ほとんどのウォーターサーバーはボトルのタイプは決められていますが、中には自分で選ぶ必要もあるウォーターサーバーもあります。

・ワンウェイ(使いきり)タイプ
多くのウォーターサーバーが採用しているタイプです。
伸縮性のあるペットボトルや、ビニールパックを使用していて、中の水がなくなったらそのまま廃棄することができます。
カラになった時点で捨てることが出来るので、省スペースです。
ボトルの場合、ゴミがかさ張るのが欠点ですが…そこまで気になる程でもないと思います。

・リターナブル(回収)方式
主に海外のウォーターサーバーが主流として使っているタイプです。
ガロンボトルと言われる硬い素材のペットボトルで、カラになったボトルを業者の方が回収します。
その後洗浄、殺菌され、新たな水が入れられて届けられます。
ゴミが出ないので便利ですが、カラのボトルを置くスペースが必要になります。

 

国内ではリターナブルを採用しているウォーターサーバーはさほど多くないので、迷ったときはッワンウェイで問題ないかと思います。

 

 

3.料金について

647644

基本的に料金は水の料金とウォーターサーバー本体の2つから発生します。

日本ではウォーターサーバー本体は無料レンタルのものが多く、その分水の値段が少し高めに設定されているようです。

ウォーターサーバーによっては毎月のノルマというものが存在し
その月で○本以上の水を消費しなければ追加料金が発生する、などのペナルティがつく場合もありますが、よほど水を消費しない状況が続かない限りは問題なくノルマを達成できます。

ノルマが心配な方は、ノルマがないウォーターサーバーもありますので、ご安心ください!

ウォーターサーバーによっては、「長期プラン」や「プレミアムプラン」といったものが存在します。
簡単に言ってしまえば長期契約の代わりに、値段が安くなるというプランですが、万が一契約期間内に解約をすることになってしまった場合、通常プランの解約よりも高い解約金が必要になってしまうこともありますので、ご注意ください。

トータルでみると、月額が結果的に安く、だからといって機能も劣らないコスモウォーターが優秀です。
 コスモウォーターの詳細情報はこちら

 

 

4.まとめ

ウォーターサーバーは各社それぞれが、タイプやプランの名称を変えている場合もあります。
それ故に申し込み時に迷ってしまうこともありますが、基本的にはAタイプとBタイプといったような2種類の場合がほとんどです。

料金についても、よく分からずに決めてしまう前に
サーバーレンタル料や、プランなどの確認をしておくと良いですね。
また、機種によっては、「料金シミュレーター」のようなものがサイトにあり料金目安を確認することも可能なので、是非活用してみてください。

申し込みの際に、お部屋にピッタリな選択をすることで、
より快適なウォーターサーバーライフを楽しみましょう♪

 

 

〈二児の母 編集部:あっこ〉