使いたい時にスグ使えない?!話題の4機種を検証!

01

いつでも気軽に天然水を美味しく飲めるウォーターサーバー。
うっかりボトル交換を怠ると、「さ、コーヒーでも淹れようかな」とレバーを押した途端、チョロチョロチョロ……なんて足をすくわれることが。

ボトルを交換してもスグ熱湯は出るのだろうか?そもそも、ササッとボトル交換できるのだろうか?
今使いたいのに今スグ使えない、そんなもどかしさを味わうことがないように、話題の4機種に関して、サーバー内の水を抜きボトルを交換してからのお湯が出るスピードを検証してみました!

 

 

1.コスモウォーター

コスモウォーター

注水はレバー式。ボトル式ですが、設置に持ち上げる必要がなく、扱いやすいところがたまらなくイイところですね。
それでは、見て行きましょう。


<サーバー内の水を抜き、ボトルを交換する>

12リットル=12キロ。女性だとかなり重さを感じるはず。
しかしコスモウォーターの良いところは、カゴになっているので運びやすい。

ウォーターサーバーと離れたところで水を管理していても、買い物カゴのように運べるのでめちゃくちゃ便利です!
ということで、サクッと設置完了。

コスモウォーター


<実験スタート>

1分経過。ちょっと入れて飲んでみる。ぬるい。幸先は良さそう。まだまだ水状態かと思っていました。
5分経過すると、だいぶお湯に近づいたものの、まだまだ温い。
10分経つとお湯に。でも、口にできないほど熱くはありません。
15分経過。アツ!無事、熱湯に変わりました!

コスモウォーター


<結果報告>

メーカーによると最低でも30分程度かかるとのことですが、今回の実験結果ではおよそ15分。
そう考えると、かなり早く感じられました。

設置も簡単で負担が少なく、設置から利用までの流れを総合的に見ると、かなりポイントは高いかも。

 

2.サントリー

サントリー

多機能型で、フラットデザインに近い形。
どの部屋にもマッチしやすい風貌が、ネームバリューと合わせて人気を集めている機種ですね。
他と比べてやや大きな印象でしたが、果たしてどうでしょうか。見ていきましょう。


<サーバー内の水を抜き、ボトルを交換する>

上部への取り付けですが、サイズが小さいので女性でもなんとかいけるかな?

しかし、設置が面倒。
段ボールからボトルパックの口を出して、溝にはめて、レバーを入れて…と工程が多いこと多いこと。
サクサクっと交換!とはいかないのが難点か。

サントリー


<実験スタート>

1分経過し、コップにお湯を注いでみる。
アツ!もう?早くない?すでに熱湯でした。
サーバー内にお湯が残っていたのでしょうか。出し切ったはずなのに…。
メーカーの説明書にもすぐ熱湯が出るとは書いていませんでした。
う〜む、これは嬉しい誤算。

サントリー


<結果報告>

メーカーの説明書では、初期設定の段階ではすぐに熱湯が出るとは書いていませんが、コップ一杯分ほどが効率よく加熱された可能性も。
理由はわかりませんが、すぐに利用可能な熱さになったことは確か。
総合ポイントではコスモウォーターに引けをとらない優秀さといえそうです。

 

3.フレシャス・デュオ

フレシャス

グッドデザイン賞を獲得したこちらのウォーターサーバー。言わずもがな、デザインが人気の1台です。
う〜ん、スタイリッシュ。しかし、使いたい時にさっと使えるのか。それは試してみないとわかりません。
さあ、実験です!


<サーバー内の水を抜き、ボトルを交換する>

1つがとても小さいです。唯一のパック式。
上部に置くタイプですが、これなら女性でもラクラクできそうですね。

ちなみに、パックの設置も自動。簡単ではあるんですが、電源を入れた上で交換しなくてはいけません。

フレシャス


<実験スタート>

サーバー内は、熱湯と冷水でタンクが分かれていて、それぞれが干渉しない形で効率的に加熱・冷却をする仕組み。

そうこうしているうちに1分。1回目のチェックです。
熱!早い!こちらもすぐ熱くなっちゃいました。

フレシャス


<結果報告>

すぐに熱湯が出てきたところを見ると、サントリー同様、空にはなっていなかったか、効率的に少量が加熱されたか。
ちなみにメーカーによると初期設定では30分ほど待つ必要があるとのこと。
カップ麺やコーヒーなど、少量の利用ならスグ使えそうです。

 

4.プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

デザインも一新し、コスモウォーターと並ぶ人気を誇っているプレミアムウォーター。
温める仕組みとしてはコスモウォーターと似ていますが、果たして違いはあるのでしょうか。
使いたい時に、使いたいように使えるか、早速調べてみました。


<サーバー内の水を抜き、ボトルを交換する>

上にボトルを設置するタイプです。
とにかく重い。これを女性1人の手で上に持ち上げるのは至難の技ですね。
男性の筆者もかなり苦労しました。ここでタイムロスをするので、他の機種と比べてもかなり不利かもしれません。

プレミアムウォーター


<実験スタート>

1分経過。なんとなく温かいかなぁという程度。
5分まで大きな変化はなく、10分を過ぎたところでお湯に。とはいえまだまだ一気飲みできるレベル。
20分を過ぎると熱湯に近づき、最終的には25分で熱々の状態になりました。

メーカーの仕様書通り、約30分ほどかかった感じですね。

プレミアムウォーター


<結果報告>

構造自体はコスモウォーターと似ていますが、若干遅れを取った形に。
しかしそれよりも、ボトル交換のわずらわしさが目立つ結果となりました。
カゴに入れてそのまま下に設置できるコスモウォーターと比べてしまうと、やはり持ち上げる手間はデメリットに感じました。

 

5.まとめ

コスモウォーター

今回は実験ということで、できるだけ初期設定に近い段階から検証をしてみました。

ただ、普段使いであれば、ある程度の水や熱湯がサーバー内に担保されているので、「何十分も待つ」という事態は避けられると思います。
ただ「いまスグ使いたい!」という時は、複合的なメリットが必要になるもの。そういう意味ではボトル交換がラクなコスモウォーターやフレシャス・デュオはとても優秀でしたね。

でも、どちらか1つをオススメするならコスモウォーター。というのも大容量で、“そもそも水が切れる頻度が少ない”から。
フレシャスの場合、サーバー内の水が少なくなると若干ぬるくなる印象が。
「カップ麺が微妙な仕上がりになっちゃった」なんて声が編集部内からも聞こえてきました。

なかなか難しい勝負となりましたが、今回は総合力でコスモウォーターに軍配があがりました!