出水スピードを比較!最も気持ち良く使える機種とは?

a

ちょっと一杯…だけじゃない、ウォーターサーバーの使い方。

料理に使う場合はお鍋やカップに。あるいは、節約のためにお弁当と一緒にキンキンに冷えた水をボトルや水筒に入れて持っていきたい!なんて方もいらっしゃるのでは。

そこで、案外ストレスとなるのが水の出方。極端に少なかったり、注水しづらかったりすると大変!
そこで、家でも外出時にも使いやすい、汎用性の高いウォーターサーバーはどれか、4つの機種を比べてみました。

 

 

1.最も早く500mlボトルを満たしたのは?

今回、検証に使用したのは一般的に流通している500mlボトル。
飲み口のギリギリまで、どのくらい時間がかかるかを測ってみました。
全て手作業なので、完璧な計測ではありませんが…その点はご了承くださいませ。

それでは早速、見ていきましょう!


<コスモウォーター>

記録は19秒45!この時点で早いかどうかはわかりません。とはいえ、思っていたよりも早かった印象です。

水は勢いよく出ていて、かといって周囲に飛び散るようなこともなくストレスはありませんでした。
じれったさを感じることもないので、大量に水を必要とする場合でも気軽に使えそうです。

コスモウォーター


<サントリー>

記録は14秒01!これは優秀ですね。
もちろん、水量も十分で、勢い余って周囲を汚すようなこともありませんでした。
水筒に入れて使いたい時や、料理で利用する際にも、これならストレスなく利用できそうですね。

サントリー


<フレシャス>

記録は24秒74!うーん、じれったい!
コップいっぱいの水なら問題ないかもしれませんが、料理や水筒に入れて持ち運びたいといったニーズには、イマイチ応えきれないかもしれませんね。
唯一、「注水口が1つだけ」という構造の問題なのでしょうか?

フレシャス


<プレミアムウォーター>

記録は26秒61!おっそい!これは普通にストレスを感じてしまいそうです。
もちろんコップ一杯の水であれば問題ないのでしょうが、汎用性があるかと聞かれると微妙。

また、こちらの機種はもう一つ大きな弱点が…こちらは次の項目で触れようと思います。

プレミアムウォーター

 

2.最も水を入れやすいのは?

水の勢いと量については明確な差が現れましたね。
次は、「そもそも水の入れやすさはどうなの?」というところ。

コップだけでなく、ボトルや水筒、タンブラーといった背の高い入れ物、あるいはケトルなどの幅がある入れ物にも水を入れて利用できるのかどうか。
ここでも魅力と弱点が見えてきましたよ!


<コスモウォーター>

500mlのボトルは少し傾ける必要がありましたが、タンブラーくらいなら、立てたままでも問題なさそう。

一方、ケトルなど幅のある入れ物は全く問題なし。
注水口付近を大きく凹ませているデザインなので、視界を妨げるものがなく狙いも定めやすいのはいいですよね。
少し大きめの鍋でも利用できそうですよ。

コスモウォーター


<サントリー>

今回比べたウォーターサーバーの中で、もっとも注水口と受け皿の距離が開いているタイプ。
ご覧のように、500mlのボトルもスッポリ収まります。
これなら大きな水筒でも傾ければ使えそうですし、コスモウォーター同様、汎用性は高そうです。

サントリー


<フレシャス>

おっと、こちらも500mlボトルほどの高さとなると少し難しいみたいです。
デザインはスタイリッシュで、普段使いであれば問題ないと思うのですが…ボディが丸く出っ張っているのでコスモウォーターよりも視界が悪い印象。
少し汎用性は低いかもしれませんね。

フレシャス


<プレミアムウォーター>

こちらもコスモウォーター同様、ボトルは難しいみたいですね。

ただ、先ほど触れたように、もっと大きな弱点が。
水を入れるときに、「注水口のボタンを押しながらレバーを押し込まなければいけない」というもの。
常にロックされているような仕様なので、これはかなり煩わしいです。

プレミアムウォーター

 

3.水が少なくなってきたらどうなる?

さて、水も残りわずか。
その場合、水の勢いはどうなるか…を検証しましたが、どのウォーターサーバーもタンクに水をためてから出水する設計なので、ボトルの水が少なくなったからといって大きな変化はありませんでした。

しかし、それによってちょっとしたデメリットを発見!


<コスモウォーター>

冷水については常に1.6Lがタンクで冷やされている状況。これだけあれば十分という感じ。

利用するたびに補充されているので、水の勢いがなくなるということもなく、しっかり最後まで気持ち良く使い切ることができました。
12Lボトルをセットしているので、取り替える頻度も少ないのも嬉しいですね。

コスモウォーター


<サントリー>

こちらもコスモウォーターと同様、勢いが弱くなるようなことはありませんでした。
セットするボトルはやや小さめ。取り替える頻度はコスモウォーターと比べると若干、増えそうですよね。

ただ、ボトルが柔らかい素材なので水が補充される時の「ベコッ!」という騒音にビックリすることはありません。

サントリー


<フレシャス>

こちらはコスモウォーターと比べると、タンクの大きさがやや小さめ。それでも基本、ストレスなく利用できました。

ただ、水が少なくなると出が著しく弱々しくなる欠点も。
セットする水はパック式。騒音が無い魅力は、サントリーと同様です。

フレシャス


<プレミアムウォーター>

実はタンクの大きさはプレミアムウォーターが最も大きく、冷水は2L!

しかし、その副作用か、大量に水を使った時の音がすごい。
ボトルが外にむき出しになっていることもあってか、「ベコッ!」という音がダイレクトに響いてきます。これは、けっこうデメリットになるのでは…。

プレミアムウォーター

 

4.まとめ

今回の検証において、筆者としてはサントリーとコスモウォーターが優秀だと感じました。

サントリーは利用する器を選ばない広い注水口と、出水スピードが魅力。
ただ、記事内では触れていませんでしたが、チャイルドロックなど、操作周りが他のウォーターサーバーよりも複雑なんです。

一方でコスモウォーター。
出水スピードこそサントリーが優れているものの、ストレスを感じるほどではありませんし、注水口周りの視界の良さは群を抜いて良かったです。
それに、操作周りがシンプルで使いやすい。
そういう意味でも、今回の検証で「汎用性が高くて使いやすい」と感じたのはコスモウォーターというのが率直な感想です。

みなさんはいかがでしたか?
どの点を重視するかは、ご家庭や使い方によって異なるはず。
「これを選んで良かった」と思えるウォーターサーバー選びの参考になれば、幸いです。

コスモウォーター