やっぱり選ぶならデザイン重視!オススメのウォーターサーバーは?

a

今、話題のウォーターサーバー。
いろんな機種がリリースされていて、「どのブランドを選べばいいんだろう…」なんて悩む方も多いのでは?

そんな時、決め手となるのはやっぱりデザインの魅力。
もちろん、見た目がカワイイ・オシャレといった色形だけでなく、設計上の使いやすさも重要です。

そこで、今話題のブランド4機種を集めて、デザインと設計の視点から検証!
どれにしようか迷っている方は、ぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

1.コスモウォーター

まずはこちらの機種、コスモウォーター。
今年デザインがリニューアルされ、ますます注目度を高めているウォーターサーバーです。筆者としてもイチオシな1台。

シンプルな見た目に加えて、細部にまで配慮が行き届いているところが好感度高し!
グッドデザイン賞を受賞するなど、ユーザーだけでなく、外部からの評価も相当高い様子です!


<主張しすぎない外観が素晴らしい>

コンパクト設計で、計器類が露出していないシンプルなデザイン。
カラーバリエーションは4つで、汎用性の高いホワイトに、発色が良く女性に人気のピンク、そして木目調のウッドとブラックといった重厚感のあるカラーもそろっています。
どんな部屋にもマッチする魅力がありますね。

コスモウォーター


<業界が認めたユニバーサルデザイン>

評価が高いのは見た目だけではありません。2017年度の「グッドデザイン賞」を受賞。
見た目だけではなく、機能性や先進性を含めて審査されるこのアワード。

コスモウォーターは「重たい水ボトルの設置を下部に設計することで、シニア層や女性でも使いやすくなった」というユニバーサルデザインが評価されました。

※ユニバーサルデザインとは、年齢や身体能力に関わらず全ての人に適合するデザインのこと

サントリー


<筆者が使ってみて感じたこと>

使いやすさが際立つ1台でした。
例えば大きく凹んだ注水周りのボディー。これは手元が見やすく、意図しない事故を防いでくれます。

さらにA4用紙1枚分のスペースさえ確保すれば設置できるコンパクト設計も、マンション暮らしのご家庭には嬉しいところ。
また、静音設計により騒音レベルを30%ダウンさせるなど、痒いところに手が届く設計になっていました。

フレシャス

 

2.サントリー

続いてサントリーのウォーターサーバーです。
こちらもシンプル設計で、スッキリとしたボディーは筆者の好み。他と比べると多機能型なのでボタン類が多いところが難点かも…。

どんな特徴をそなえたウォーターサーバーなのか、じっくり見ていきましょう。


<余計なものは隠しちゃうデザイン>

パッと見た感じはシンプルなのですが、扉を開けるとボタンがびっしり。
子どものいたずら防止の意味もあるようですが、煩雑なところは内側に隠してしまうというのは1つ工夫されているポイントかもしれませんね。

こちらは、白とブラックの2色のみ。選ぶ楽しさは、あまりないかもしれません。

コスモウォーター


<注水口が不自然に低い設計>

コスモウォーターとちがって、こちらはボトルを上部に設置するタイプです。
ボトルは小型なので、比較的軽いとはいえ女性にはまだまだ重さを感じるかも。

またお子さんでも使いやすいように…でしょうか。注水口がとても低い位置にあり、大人はちょっと使いづらい。
手元がボタンのパネルで隠れるので、注水口にコップが当たってしまい、衛生面で気になってしまいます。

サントリー


<筆者が使ってみて感じたこと>

やはり、若干の使いづらさが目立ったような気がします。
極端に低い位置に注水口があるので、ちょっと屈みながら使うことになるので、それはストレスでした。

また、高さがあるので威圧感も。デザイン自体はシンプルなのですが、威圧感が気にかかる1台でしたね。

フレシャス

 

3.フレシャス

続いてフレシャス・デュオ。特設サイトを設けるなど、デザインにとことんこだわっているブランドです。
確かに、他のウォーターサーバーとはちがう佇まいに、個性派な方は心が惹かれるものを感じるかも。

フレシャス・デュオの魅力を、1つ1つ見ていきましょう。


<“それっぽくない”佇まいが人気>

左にあるのが、フレシャス・デュオ。
横幅29センチと、とてもスリムで、目立つボタンやレバーがなく、いい意味で“ウォーターサーバーらしくない”デザインになっています。
スカイグレー、ブラック、ミルキーベージュ、ナチュラルピンク、ペールブルーとカラーバリエーションも豊富です。

フレシャス


<使いやすい設計がポイント>

水の清涼感をイメージして設計されたという、フレシャス・デュオ。こちらも過去にグッドデザイン賞を受賞。
インテリアとの親和性が高く評価され、未だに人気を誇っています。

外観だけではなく、設計にもこだわっている様子。従来のサーバーよりも注水口を高く設定。
奥行きを持たせることで鍋なども使いやすくしたそう。このあたりは、コスモウォーターと同様の工夫が見られますね。

フレシャス


<筆者が使ってみて感じたこと>

デザインはとてもいいです。
カラーバリエーションは他のメーカーとくらべて豊富ですし、黒以外は淡いトーンで統一されているのでどんな部屋にもなじみやすいはず。
選んだ後で後悔するようなこともなさそうです。

業界で唯一グッドデザイン賞を受賞していた機種として人気でしたが、コスモウォーターの台頭によって印象が薄くなってしまいました。

フレシャス

 

4.プレミアムウォーター

最後にチェックするのは、プレミアムウォーターです。こちらもデザインのリニューアルを経てオシャレな佇まいに。

とはいえ、構造はボトルが上部に設置され、レバー式のアナログチックな風貌。
似た構造のコスモウォーターと比べても、やや“昔ながらのウォーターサーバー”といった印象です。


<リニューアルしてオシャレに>

カラーバリエーションは4つ。ピュアホワイト、プラチナシルバー、プレミアムブラック、ベビーピンクです。
リニューアル後は高級感のあるロゴを配するなど、イメージチェンジ。

ただ、ロゴに高級感がある一方でボトルが丸見えになっていたりと、新しさがあまり感じられませんでした。

プレミアムウォーター


<難しい機能がないシンプル設計>

部屋の明かりを感知する光センサーで、夜間や外出時に自動でエコモードが作動するなど先端技術を搭載。
丸見えになっているボトルも、残量を把握する上ではメリットもありますね。

ただ、レバーについたプラスチックのボタンや、チャイルドロックのカバーなど、所々にチープ感を感じてしまいました。

プレミアムウォーター


<筆者が使ってみて感じたこと>

シンプル構造でスリムタイプというと、どうしてもコスモウォーターやフレシャス・デュオと比べてしまいます。

どちらも使い勝手が良く、またデザインや設計の面でも評価されている2種と比較すると劣る点が散見される結果に。
せめてレバー式のウォーターサーバーは、片手で気軽に使いたいですね。

プレミアムウォーター

 

5.最も優れているのは?

筆者の主観で選ばせていただけるなら、やはりコスモウォーターが1番ですね。

見た目のデザイン性はもちろんですが、業界で注目を集めている女性やシニア層の方を排除しないユニバーサルデザインというところも、長く愛用を考えている方にはぴったり。自信を持ってオススメできると感じました。

プレミアムウォーターも似た構造ではありますが、12kgもあるボトルを持ち上げなければいけませんし、操作性がイマイチ。
女性やシニア層の方が気軽に使えるかというと、少し疑問が残りました。

それぞれに特徴のあるウォーターサーバー。
使いやすさだけでなく、好みのデザインを選んで充実したウォーターサーバー生活を満喫してくださいね。

コスモウォーター