人気デザインのウォーターサーバーを徹底分析!

a

せっかくウォーターサーバーを設置するなら、インテリアや部屋の雰囲気を台無しにしないオシャレなものを選びたいですよね。
そこで、デザイン性が魅力のウォーターサーバーを徹底分析してみることにしました。

今回白羽の矢が立ったのは、フレシャス・デュオ。
デザイン性に徹底的にこだわったこの機種。スタイリッシュなフォルムと置く場所を選ばないコンパクトな佇まいが人気となり、若い方からご家族まで幅広い支持を集めているウォーターサーバーです。

デザイン性はもちろん、使いやすさや注意すべき点など、徹底的にチェックしてみました!

 

 

1.デザインの魅力を分析してみた


<専売特許ではなくなったデザイン性>

直線的なデザインが多いウォーターサーバーの中で、曲面のボディーが異彩を放っているフレシャス・デュオ。
実はこのモデル、2015年度にグッドデザイン賞を受賞しています。機能性とデザインを兼ね備えたウォーターサーバーとして高い人気を誇ってきました。

しかし近年は「コスモウォーター」もグッドデザイン賞を受賞。
今までにない設計で人気を博しており、フレシャス・デュオ独自の魅力とは言えなくなってしまった感があります。


<スタイリッシュではあるけど心配も>

外見を含めてスタイリッシュなデザインに仕上がっています。カラーは4種。
さらにインテリアスタイリストとコラボしたカラーも登場。この辺りもなんだか今風ですね。

ただ、ボタンは全て英語表記。冷水・熱湯のボタンは視覚的にわかりますが、その他のボタンが何を示しているのかパッとわかりづらい点も。
お年を召した方や機械に無頓着という方にはちょっと腰が引けてしまうかもしれません。


<もっと細かく見てみた>

丸いボディーはとてもスリムで、幅は29cm。奥行きは36.3cmと、ウォーターサーバーの中ではコンパクトな部類にはいるのではないでしょうか。
鍋やボウルにも水や熱湯を入れやすい設計も魅力です。

とはいえ、水の勢いは良いとはいえず、大量に使用したい時は結構ストレスが溜まってしまいそう。
特に水パックの中身がが少なくなり始めると勢いはさらに落ち、かなりストレスがたまります。

また、30日ごとにフレッシュランプが点灯すると手動でボタン操作を行いサーバー内を洗浄するシステムのために2時間以上使えないので、いざ水を飲もうとしてもすぐに飲めないということも。
グッドデザイン賞受賞であってもウォーターサーバーの最低限の機能に難ありと疑問符が付くことは否がめません。

 

2.機能のメリット・デメリット


<フレシャス・デュオの機能>

ウォーターサーバーに欲しい機能は装備されている印象です。
例えば、自動クリーニング機能や誤操作防止のロック機能。省エネ機能については、スリープ機能とエコモードの2段構えです。

さらに、一般的な12Lボトルではなく、7.2Lの無菌ウォーターパックを採用。軽い分、女性でも簡単に給水できるのもポイントですね。

ただ前述の通り、30日に一度フレッシュランプが点灯し手動でボタン操作を行ってサーバー内を洗浄するというシステムの為、2時間使用できないのは痛いと実感しています。


<省エネ機能で起こる困ったこと>

最大70%以上の電気代カットができる」と、一見、手厚い機能に見えますが、それと引き換えに弱点もありました。

例えば、エコモードが起動すると、熱水は65〜70℃ほどに温度が下がってしまうんです。通常80〜85℃と考えると、かなりぬるい印象。
熱湯にするまでに30分ほどかかるので、これなら普通にお湯を沸かした方が早いですよね。


<7.2Lパックは良いことばかりじゃない?>

水の交換・設置がしやすいのは大きなメリットなのですが、ちょっと物足りなさもありますね。
水の量が少ないためウォーターパックの交換が頻繁になりますし、注水する際の勢いは物足りない感じ。

ウォーターパックの水圧を利用してタンクに水を補充するためか、パックの水が少なくなるにつれて勢いも失っていきます。
お料理などで大量に水・熱湯を使いたい時はちょっと困ってしまいそうです。

フレシャス


<こんなトラブルに注意が必要!>

フレシャス・デュオは「空だき防止機能」が搭載されているそうです。
水がセットされていない段階で温水ボタンをオンにしていると、タンクに水が補充されていない状態で加熱が開始。
すると、安全面を考慮して自動的にサーバーが停止する仕組みです。

一度この機能が働いてしまうとスグの復旧は難しく、新しいサーバーとの交換、または修理してもらうしかないようです。
説明書をしっかり読まずに使うと、思わぬトラブルに発展する危険があります。

 

3.オススメできる人・できない人


<こんな人にオススメです>

コンパクトでスタイリッシュな風貌は、まさにインテリアにうってつけ。
お部屋の雰囲気を崩したくない方や「水の質にこだわりたいものの使用頻度は少ない」という方にピッタリだと思います。

例えば、一人暮らしをスタートさせた学生さんや新社会人さん、二人暮らしの新婚さんにもオススメできるのでは。
カラーバリエーションもシックなブラックや、優しい印象のピンクなど豊富。男性でも女性でも好みの1台を選べるでしょう。


<こんな人はやめたほうが無難>

デザイン的な魅力はありますが、機能のわかりやすさは難あり。
説明書をしっかり読み込まなければならず、お年を召した方の一人暮らしには難しいかもしれません。

また、水の勢いがとても弱く交換頻度も高いので、料理などに使いたいという方や家族でたくさん利用したいという場合は慎重になったほうが良いかもしれませんね。

最大70%の電気代をカットできる省エネ機能も、全てフル活用した場合の数字。
再加熱の時間もかかるため、ストレスなく使いたい場合は通常モードで利用するのが無難です。
コスパを気にする方にとっては、ちょっと不満が残りそうです。

 

分析の結果

デザイン的なメリット、魅力が目立ったフレシャス・デュオ。
インテリアなどに気を使いたい方にはピッタリな一台ではないでしょうか。

しかし一方で、トラブルの不安や操作性の不満も。
7.2Lのウォーターパックも、「軽くて良い」と思うか「交換頻度が通常ボトルの2倍になるのは面倒」と思うかは、意見が分かれそうですね。

また、省エネの強みはあるものの、ストレスなく利用するために通常モードで利用すると他社メーカーとほぼ同じ。特別コスパが良いとは思えませんでした。

優先したい項目によっては最適な1台になると思いますが、ある種、使う人を選ぶウォーターサーバーといえそうです。

フレシャス