ウォーターサーバー設置しました!コスモウォーター編

コスモ交換001

前回、4つのウォーターサーバーの比較を一気に行うと意気込みました。
記念すべき第一号目はコスモウォーターの組み立てをします。

ウォーターサーバー自体、自分で設定していくのが初めてですので…
緊張反面、楽しみでもあります。

 

 

 

1.コスモウォーターだけ!箱の回収サービス

コスモウォーター届きました

業者の方が、ウォーターサーバーを部屋まで運んでくれます。
さらに置いた後、段ボールを持っていってくれました。

このサービスを行っているのはコスモウォーターだけみたいですね。
なかなかにサイズの大きな段ボールなので、こちらで処理しなくて済むというのはとても気が楽で助かります。

 

コスモウォーター

取り出したあとがこちらになります。
ああ、いいですね、「THE・ウォーターサーバー」という感じ。
そこにウォーターサーバーがあれば、飲みたくなる。
水分補給してみようかという気になる。

今回、色は白を選びました。他にも白ベースに青のライン入りや、ピンク、ベージュ、黒、黄などバリエーションがあります。
部屋の雰囲気に合わせていろいろ選べそうですね。白はキッチリしたイメージ、他の色はカジュアルな感じがしました。

 

0010

続いてはウォーターボトルです。
結構重たいので女性やご年配の方は腰を痛めないように気をつけてください。

コスモウォーターは水の種類を選べるようで、天然水とRO水の二種類から、さらに天然水は3種類から選ぶことができます。

天然水3種は全てモンドセレクション受賞の水だそうですよ。
モンドセレクションというのは食品や飲料、化粧品など健康を中心とした製品の技術的水準をクリアした証になります。
つまり…「イイ水」ということですね。
今回は富士の響き(富士山のバナジウム含有天然水)を選びました。
天然水(バナジウム)には「血液サラサラ」効果があるんです。

ちなみにRO水は不純物を完全に取り除いた水ですね。
よく赤ちゃん用のミルク作りに最適と言われるピュアウォーターです。
妊婦さんだとか、小さいお子さんがいるご家庭にはこのRO水がオススメですね。

 

0011

段ボール側面には取扱説明書がついてます。

この手順通りにしていけば問題は無さそうです。
忘れずに段ボールから取り出しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2.ウォーターボトルの設置

0013  0014

ウォーターサーバーの下部分に扉があります。

これを開くと、空洞になっていますね。ここにボトルを入れるようです。
このウォーターサーバー最大の特徴でもあります。重い水の入ったボトルを上に持ち上げる必要がないんです。
一緒に先ほどとはまた別の説明書が入っています。

 

0017  0015

中に入っているカゴを取り出して
奥にある黄色いキャップを取り外します。
ここにボトルを差し込むわけですね。

 

0023

カゴの中へボトルを入れます。

 

 

 

 

 

 

男が持っても結構重く感じます…女性やご年配の方は大丈夫でしょうか…

持ち上げてカゴに入れた後で気付いたのですが

0021

あ、カゴを横にするんですね…。
説明書読まないタイプなのがバレてしまった…。
ちなみに子どもの頃プラモデルも上手く作れませんでした。

 

0022

カゴを押し込んで連結させます。

グッと押し込みます。下に滑車がついてるので力も入れる必要がなく楽々。

 

 

 

 

 

 

 

3.電源を入れる

0024

いよいよ電源を入れます。
ウォーターサーバーから音が鳴り始めました。
ウィーンと鳴ってます。

 

0025

上から電源、エコボタン、ボトル交換ランプです。
コンセントをつないだ時点で電源ランプは光ります。
エコボタンはサーバーを使用しない時間に押すと、消費電力を抑えることができます。
エコモードのスタートは「エコボタンを3秒長押し」です。寝る前とかに押しておきたいですね。
ボトル交換ランプは文字通り、点灯したらボトル交換の合図です。

電源を入れた直後はまだ冷水・温水ともに機能していません。常温の水が出てきます。
冷水には60分、温水には30分ほどで使用可能になります。
冷水の方が時間がかかるんですね。こういうときの30分、60分の長いこと長いこと…。
カップラーメンやコーヒーがすぐに作れるようになるのはなかなかに嬉しいですね。

 

 

4.チャイルドロック

0026  0027

給水口の近くにあるボタンとつまみは、チャイルドロック機能です。
つまみを移動させることでロックがかかります。解除ボタンを押しながらつまみを戻すことで解除ができます。
ロック中は解除ボタンを押したまま給水レバーを押すことで水が出るようになっていますね。

 

 

5.クリーンシステム

24時間に1回、約20分のクリーンサイクルシステムが稼働します。
水を綺麗に保つためのシステムですね。
稼働中の20分間は温水が使用出来ませんのでご注意を…。
エコボタンランプが点滅していれば、システム稼働中の合図です。

 

 

6.飲んでみました

60分が経過したので、いざ試飲…の前に、一度コップ1杯~2杯分の水を冷水・温水ともに出して捨ててしまいましょう。
いきなり飲むとにおいがあると聞いたことがあるので…。一度循環させてから、というわけですね。

では改めて、いただきます。
まろやかな口あたりで良い感じ、やさしい味がします。
自分で設置したウォーターサーバーで飲む、という感動も相まって一層おいしく感じました。
カップラーメンやコーヒーも早速作ってみたいところですが…他の3台の設置を急ぎます。

 

ウォーターサーバー設置しました!クリティア編

ウォーターサーバー設置しました!サントリー編

ウォーターサーバー設置しました!フレシャス編

 

 

〈ウォーターサーバー徹底解析担当 編集部:久保〉