食事で不足するミネラル、ウォーターサーバーで補給できる?

食事のミネラル量

ウォーターサーバーは、各社、ミネラルウォーター or RO水が選べたり、ミネラルウォーターの中でも産地が選べたりしますね。
体のことを考えたら、必然的にその「成分」が気になります。
私たち人間が生命維持に不可欠とされている「ミネラル」が、ウォーターサーバーのお水で補給できるのか?
ミネラルのそもそもから、実際の数値、栄養補給としてのウォーターサーバーを分析してみたいと思います。

 

 

1.ミネラルってそもそも体にとってどんな役割?不足するとどうなる?

<ミネラルの役割>

1、骨、歯、皮膚、その他の組織をつくる、身体の構成材料として働く。
2、筋収縮・神経の情報伝達など、生体機能の調整を行う。
3、たんぱく質と結合して働き、血液や体液のpHや浸透圧を正常に保つ酵素の補助、ビタミン・ホルモンの構成成分となる。

なんだか、体にとってとても重要そうです・・・
つまり、「健康維持」「生命維持」のために、あらゆる調整役を担っているということでしょうか。

逆に、ミネラルが不足するとどうなるか、というアプローチの方がわかりやすいです。
不足すると、体調不良、欠乏症、生活習慣病、病気・・・につながります。
なんとなくいつも、どことなく調子悪い、疲れやすい・・・そんな心当たりのある人は、もしかしたら、ミネラルが不足しているのかもしれません。

 

2.1日に必要なミネラル量は?

「ミネラル」と言っても、実に多くの種類があります。
その中でも、人間の体に必要なミネラルは決まっており、1日に100mg以上必要な「主要ミネラル」と、1日に100mg以下の少量が必要な「微量ミネラル」とに分かれます。
*******主要ミネラル 100mg以上*******
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素

*******微量ミネラル 100mg以下*******
鉄分、マンガン、コバルト、モリブデン、セレニウム、ヨウ素、クロム、銅、亜鉛
では、上記それぞれのミネラルは、具体的にどれだけ1日に必要なの?

1日の摂取量目標 カルシウム
(mg)
ナトリウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
カリウム
(mg)
バナジウム
(μg)
女性 650 7.0 290 2000 1800
男性 650 8.0 360 2500 1800

(30代〜50代目安)

いまいちピンときませんね。
それが一体どれくらいの量のものなのか・・・。
実際の食事でどれくらい摂れているものなのか・・・。

 

3.毎日の食事で、必要なミネラルは摂れているの?

食事は人によって、日によって大きく異なるので、日本人の健康的な食事を一例として、ミネラル量を計算してみます。

食事のミネラル量

【左:カルシウム、右:マグネシウム】

白いご飯一杯【5mg、10mg】
お味噌【12mg、4mg】
鮭【7mg、22mg】
豆腐半丁【55mg、0mg】
ほうれん草【60mg、100mg】
納豆【45mg、50mg】
卵【20mg、4mg】
体に良さそうな日本食らしいこのメニューで、
おおよそ、【カルシウム 204g、マグネシウム 190mg】

×3食としたら、
おおよそ、【カルシウム 612g、マグネシウム 570mg】

1日に摂るべきカルシウムが、若干足りません。
マグネシウムは、超えています!ほうれん草【100mg】が、かなり稼いでいます。
緑の野菜を食べましょうとは、このことですね。
つまり、野菜を食べなければ、途端にミネラル量が激減することになります。

3食健康的な食事が毎日きちんと摂れるとも限りません。
朝は食べない、朝はパンだけ、今日はラーメン、カツ丼!飲み会で食事はあんまり食べなかった、脂っこいものばかりだった・・・
心当たりありますよね。

ミネラルや栄養を摂れる食事を毎食・毎日きちんと心がけるのは、難しい場合もありますね。

だとすると・・・ミネラルは不足しがち、毎日充分な量が摂取できてるとは限らない、ということになります。

 

4.ウォーターサーバーで不足したミネラルをカバーする?

ウォーターサーバー生活で徹底検証している4機種の、ミネラル量を表にしてみました。

各社 ミネラル量 カルシウム
(mg)
ナトリウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
カリウム
(mg)
バナジウム
(μg)
コスモウォーター
(富士の天然水)
19 21 5.2 3.6 58
クリティア
(富士のお水)
6.4 6.8 2.2 1.2 91
サントリー
(南アルプスの天然水)
9.7 6.5 1.5 2.8
フレシャス
(フレシャス富士)
5.7 5.2 1.9 0.7 85

(1Lあたり) ※赤字は含有量1位

なんと、毎日2リットルの水分補給をしたとしても、全然足りません。

「ミネラルウォーター」というのだから、割と期待していたのでが・・・笑
つまり、ウォーターサーバーのみならず、水分補給で健康維持の為のミネラルは充分に摂れないということはわかりました。

考えてみたらそれは当たり前のこと、健康には食事が一番大切です。
毎日ウォーターサーバーのミネラルウォーターを「2L」飲むと、
おおよそ、
納豆1パック分のカルシウム、卵1個分のマグネシウムが摂れます。

もしくは、ご飯を炊く時にウォーターサーバーのお水を使う。
お味噌汁にウォーターサーバーのお水を使う。
こうして食事に使用するお水をウォーターサーバーのミネラルウォーターに変えれば、ミネラル摂取量は増えますね。

微力ながら、毎日の積み重ねは大きく、ミネラル補給の補助の役割を果たしてはくれそうです。

 

5.まとめ

毎日の食生活の中で、ミネラルが不足しがちであるということはわかりました。
日によって波もあります。
忙しいかもしれないですし、面倒かもしれないですし、ダイエット中かもしれません。

日常的に、安定的に、ミネラルを摂り続ける・補い続けることは、体にとって良いことだと思います。
ウォーターサーバーが1台家にあれば、いつでもミネラルを含んだ水分補給が可能。
しかも、手軽に。
手間をかけずとも、意識せずとも、毎日ミネラルを補給できる点は、ウォーターサーバーを自宅に設置するメリットのひとつと言えるでしょう。

3つの産地からミネラルウォーターが選べる、コスモウォーター公式サイト

バナジウムを豊富に含むクリティア 公式サイト

かの有名な南アルプスの天然水が飲めるサントリー公式サイト

 

〈健康マニア 編集部:京子〉