自動?手動?ウォーターサーバーの衛生管理システム

%e5%85%a8%e4%bd%93

以前、自分でできるメンテナンスについての記事を書きましたが、自身でできる手入れでは、外側の部分しか綺麗にする事ができません。
手入れの記事はこちら
しかし、ウォーターサーバーを衛生的につかっていくためには、外側だけの手入れでは完璧とは言い切れません…。

ずっと家に設置してあり、水が機械の中を通過するわけですから、衛生面はすごく気になるところ。実は分解してみると、汚れてるんじゃない!?という心配もなきにしもあらず。。

もちろん、その対策を各社していないわけではなく、ウォーターサーバーの多くは本体に水を衛生的に保つクリーンシステム機能が備わっているようです。
クリーンシステムは各種それぞれ微妙に違っているので、今回はそのシステムについて、きちんと調べてみようと思います。

 

 

1.コスモウォーター

コスモウォーターは、いちはやくウォーターサーバーの衛生管理に取り組んだそうです。
他社メーカーがクリーンシステム1つに対し、コスモウォーターには2種類のクリーンシステムがあります。

クリーンサイクルシステム
熱水を内部で循環させることで熱湯消毒をしてくれる機能です。
1日1回、自動的に循環してくれるので、毎日衛生管理をしてくれています。

クリーンエアシステム
コスモウォーター独自のシステムで、外部の空気を取り込む際にフィルターを通すことで、クリーンな状態にします。
内部に取り込む空気はこのシステムによって、常に衛生的に保たれています。

クリーンサイクルシステムとクリーンエアシステムによる二重構造で、コスモウォーターの衛生面はもちろん、メーカー業者によるメンテナンスも不要にしています。まさに全自動ですね。
また、クリーンサイクルシステム中は熱水が循環されていますが、冷水がそのまま使えます。
システムの時間を気にすることなく使っていけるのはコスモウォーターの強みですね。

 

 

2.サントリー

サントリーにもクリーンシステム機能がついています。
ただし、「クリーン」のような言葉がないので若干わかりにくいかもしれませんが…。

おいしさキーパースイッチ
クリーン機能ではなく、おいしさをキープする機能です。
システム自体は熱水を循環させて熱湯消毒をするタイプなので、他のメーカーの機種とあまり変わりません。
ただしこのおいしさキーパー機能、時間を指定できます。
初期設定では午前2時から2時間になっていますが、自分の好きな時間に合わせることもできるので、夜勤の人でも安心。
また、手動で作動させることもできるので、融通の利くクリーン機能ですね。

しかし・・・誤ってボタンを押してしまったら、作動中は2時間使用できなくなります・・編集部でも一度、飲みたいのに押してしまった!なんてことがありました。

 

3.フレシャス

フレシャスには自動と手動の2種類の循環機能が搭載されています。
手動に関しては、ボトル交換時に行います。

オートピュアキープシステム
5日に1回自動で行ってくれる循環システムです。
熱水ではなく普通の水を循環させるので、動作時間が3分と短いのが特長です。
電源プラグを差した時間が規定時間になるので、プラグを挿すタイミングで時間調整が可能です。

フレッシュモード
フレッシュモードは手動で行う循環システムです。
こちらは熱水を循環させるため、2時間ウォーターサーバーが使えない状態になります。

img_1108

フレッシュモードを作動する際、ボトル交換時に紹介したこの白い筒状のニードルキャップを使用します。
ウォーターボトルを取り出して、NEEDLEボタンを押し給水ニードルを出します。
ボトルを取り出す必要があるので、ボトル交換時に稼働させるのが良いかと思われます。

この2機能以外にも、3時間毎に1秒間の循環が行われているようです。
後発のウォーターサーバーなので、システムまわりが細かいですね。

 

 

4.クリティア

クリティアですが、自動クリーン機能がありません。
メーカー側からも、セルフメンテナンスを推奨しています。

セルフクリーニングキット
自動クリーン機能が無い代わりに、クリティアには「セルフクリーニングキット」というものが別売りされています。
簡単に言えば消毒用の電解水が入ったウォーターボトルです。
いつも差し込むところへこのキットを同じように差し込むだけなので、メンテナンス自体は楽なのですが…。

しかし、別途販売なのは気軽にできないのがネックになりますね…。

 

 

5.まとめ

衛生面を保つための機能として、「循環システム」は非常に優れているものだとは思います。
時間設定ができるとはいえ、やはり、サントリーの2時間ウォーターサーバーが使えなくなるというのは、不便。

コスモウォーターのような、「全自動でまったく気にせず水が使える」というのは大きなメリットです。
業者メンテナンスもいらず、クリーンシステムのボタンを押す必要もなく、時間設定もいらない…。置いてあるだけで、内部はいつも清潔。
そんなコスモウォーターが、衛生面では一番優れており、ユーザーにとって重要な、ウォーターサーバーを選ぶ「決め手」になるかと思います。

 

コスモウォーターの記事はこちらから

セルフメンテナンスの記事はこちら

 

〈ウォーターサーバー徹底解析担当 編集部:久保〉