災害時に使えるウォーターサーバー

いつ来るかわからない災害に備えて、ウォーターサーバーを購入している、または購入を検討しているという方は結構多いのではないでしょうか?
非常時に飲み水の蓄えがあることは、精神的にも身体的にも支えになってくれるかと思います。
様々なウォーターサーバーがある中で、災害時に非常用として使えるウォーターサーバーには、どのようなものがあるのでしょうか?
今回は、災害時を想定した比較をしていこうと思います。

 

 

1.停電時のウォーターサーバー

ほとんどのウォーターサーバーが、電源が入ってない状態でも利用ができる、という話はよく耳にするのですが実際のところはどうなのでしょう…。
編集部で使っているウォーターサーバーは災害時でも使えるのか、調べてみました。

 

◎フレシャス

IMG_2311

フレシャスデュオは電気を使って給水するボタンタイプなので、電源が入っていないと給水はできません。
ウォーターボトルもパックタイプで、給水に向いている形とは言い切れないですね…。

 

◎サントリー

IMG_0927

サントリーも同じくボタンタイプで、電気が無ければ給水ができません。
しかし、サントリーは「非常時用コック」を使うことで、ウォーターボトルに直接コックを取り付けることができます。
コックは無料でもらえるのですが、問い合わせないともらえないのがちょっと面倒かもしれませんね…。

 

◎コスモウォーター

IMG_0973

コスモウォーターは足元から水を汲み取るタイプなので、ボトルをセットすれば電源がなくても使える…というわけにはいかないようです。
ただ、電源が入っている時に吸い上げられていた水に関しては、内臓タンクの水が無くなるまでは給水することができます。
ボトルタイプなのでサーバーを使わなくても給水できなくはないですが…。

 

◎クリティア

IMG_1047_2

クリティアはレバーを押して水を出すタイプで、電源の入っていない状態でも給水することが可能です。
ボトルをウォーターサーバーの上部に設置するので、ボトル内の水を全て使い切ることができます。
シンプルな構造ほど、電力がない時には役立ってくれるようですね。

 

img_1472  0099

電気が使えない時にウォーターサーバーを使う場合、電源スイッチやコンセントはしっかりと外しておきましょう。
電気が復旧した際に、大量の電流が流れ、故障してしまう可能性があるようなので…。

電気が流れていないということは、殺菌効果のあるクリーンシステムが動かないことになりますので停電した際はなるべくお水を使い切ってしまうことをオススメします!

 

 

2.震災時のウォーターサーバー

震災時には上記で紹介した「停電時のでも使えるウォーターサーバー」が活躍します。

万が一災害にあった時、食料もそうですが、一番心配になるのはやはり「水」
一般的に震災が起きてから、震災地に水や食料などが支給され始めるのが2日~3日後とされています。

1人あたり、3日で消費する水は最低でもおよそ9リットル。
4人家族だと、単純計算で36リットルもの水が必要になりますね…。
500mlペットボトルだと…72本常にストックしておく必要が有ります…!

2796455a4fcb6ea16a6cc56e9ffce64b_s

加えて、水にも賞味期限があります。1.5Lで2年、500mlは1年ほどで取り替える必要があります。
取り替えないと味だけでなく、お水自体の品質もどんどん下がってしまいます…。
これはお水が「腐る」というわけではなく、お水の中に含まれている「有機物が腐る」といった方が正しいかと思います。

しかし、ウォーターサーバーを使っていれば、ウォーターボトルは無くなる前に必ず補充してくれるので、賞味期限も気にすることなく、常に新鮮な水がストックされることになりますね♪

また、天然水に比べて不純物が一切含まれていないRO水の方が賞味期限が長いため、備蓄水には向いているかと思います。
天然水も当然、備蓄水として全然使えるので…このあたりは好みの問題でしょうか。

 

 

3.まとめ

非常時に使うウォーターサーバーとして、向いているのは
「電源がなくても使用できるもの」
「ウォーターボトル単体でも給水しやすいもの」
となります。
同じメーカーのウォーターサーバーでも、種類によってタイプが異なりますので非常用として購入をする場合は注意が必要になりますね!

ちなみに、ウォーターボトルの水を紙コップで汲むと、12Lのボトルで60〜70杯ほどになります。小さめのボトルですと7L前後なので、35〜40杯ほどになります。参考にどうぞ!

また、賞味期限が過ぎてしまったお水が残っていて、「賞味期限を過ぎてしまった水を飲むのはちょっと…」という方でも、「生活用水」として使うことができるので貴重なお水は残しておきましょうね。

もしものために備蓄水を備えておくことは大事なことですが、「なにもなかった時はもったいないかも…」と感じてしまう方も少なくないと思います。
せっかく備蓄のために買ったお水が使われることなく、賞味期限を過ぎてしまえばそう感じてしまうのも無理はありません。

そんな備蓄水に関する不安を取り除いてくれるのが、ウォーターサーバー!
常に新しいものがストックされていくので賞味期限を気にする必要もありません
ウォーターサーバーを使えば普段から飲んでいるお水が備蓄水に早変わりしてくれるのです♪

 

 

〈二児の母 編集部:あっこ〉